鉛バッテリー機能回復装置 - SOTO-WW1のご案内

ポータブル型バッテリー再生機 - SOTO-WW1

技術的なお問い合わせはこちらまで【LAB(工場)047-356-3958】

コンパクトなボディに最新のパフォーマンス!サルフェーションを分解して高い再充電率を実現!!

SOTO LAB.が開発したSOTO-WW1は、今まで劣化により廃棄するしかなかった鉛のバッテリーを再生する機器です。

鉛バッテリー内に特殊な波形の電流(SOTO WAVE/特許出願済)を流すことにより、電極板に付着したサルフェーションを、単に剥離させるだけではなく、鉛イオンと硫酸イオンに分解して、電解液の比重を元の数値に戻すことを実現。SOTO-WW1ならではのこの画期的な処理方法は、新品同様の高い再充電率を可能にしました。

SOTO-WW1による鉛バッテリー再生実績データのご案内
鉛バッテリー機能回復装置 - SOTO-WW1

プログラミングにより、再生プロセスをオートメーションで実施できる簡便なオペレーションシステム。操作性の良いパネルに持ち運びしやすく、縦置き・横置きのどちらでも仕様可能なコンパクトボディ。様々な環境で活躍できる一台です。

*内部破損などのダメージがあると再生できない場合があります。

バッテリー本来が持つ原理を利用した再生

SOTO-WW1は清流電流・電圧調整タイプに属する鉛バッテリー再生機です。 電池と相性の良い清流された電流をバッテリーの状態に合わせた電圧コントロール下で電池に流し込むことで、結晶化した硫酸鉛を分解、硫酸イオンを電解液中へ、鉛イオンを極板へと戻します。
抵抗として存在した硫酸鉛が溶解することで、適切な電流、電圧が得られるようになります。また、比重が本来の数値に戻り、蓄電能力も回復します。

SOTO LAB. 独自技術による特定波形電流(SOTO WAVE/特許出願済)が、効率的な硫酸鉛の分解を促し、再生時間の短縮を実現しています。

お問い合わせはこちら
SOTO-WW1 性能一覧
1. 入出力定格   再生能力
入力電圧 AC100V縲鰀240V   対応電圧 2V縲鰀48V
周波数 50Hz or 60Hz   対象商品 鉛バッテリー全般
消費電力 1120VA(定格出入力電圧AC100V使用時)     (バッテリーの状態によっては再生不可もあり)
      再生個数 1個縲鰀3個(ボルト・アンペアにより変動する)
2. 使用環境   再生時間 最短1.5時間縲鰀30時間
使用時       (対象バッテリーの容量・状態にて変動する)
温 度 0℃縲鰀40℃    

 

湿 度 30%縲鰀80%RH(結露厳禁)   別途必要備品 バッテリーCCAテスター
保管時       (能力により必要テスターは異なる)
温 度 竏鈀20℃縲鰀70℃     管理用パソコン-Pentium3以上、HD容量30G程度
湿 度 30%縲鰀80%RH(結露厳禁)     (Windows2000.XP作動確認済み)
        USBケーブルユニット
3. その他      
冷却方法 ファンモーターによる強制空冷      
外形寸法 W・210mm×H・124mm×D・290mm(単体時)      
重 量 約7Kg(ケーブル等は除く)      
付属品 再生用ケーブル 2本      
CEマーク取得済み